2018/04/15 (Sun) カブトムシの制作記 その④ 最終章

今回も前回に引き続きカブトムシの制作記です
今日はついに最終章となりました
勝手に最終章にします…


では、今回も行ってみましよー!(`口´)/
20180415最終章



4月12日(木):制作18匹目
18-1.jpg
18-2.jpg18-3.jpg18-4.jpg
バランスに気を付けながら作りました



4月12日(木):制作19匹目
19-1.jpg
19-2.jpg19-3.jpg19-4.jpg
今まで多くのカブトムシを作って来ましたが、
これが一番上手に出来ました
『金茶』色で作ってみたのですがチョコレートみたいです
でも黒いガラスよりはリアルに近づいた気がします



4月14日(土):制作21匹目
21-1.jpg
21-2.jpg21-3.jpg21-4.jpg
欲を出して大きく作ってみたのですが、
こうしてちゃんと見てみると体が歪んでいます…(泣)
作っている時はこの歪みやバランスの悪さが私は気付かないのです(泣)
でも『角が上手だよ』と子どもが褒めてくれました

裏側
19.21裏




制作18匹目、19匹目、21匹目…

あれ?

と、お気づきになった方もいらっしゃるかもしれません
そうです!
20匹目が居ないのです


理由はこちら!(*`皿´*)ノ



4月13日(金):制作20匹目 シークレット
シークレット20-1
シークレット20-2シークレット20-3シークレット20-4
勝手にシークレットにしました(笑)
制作20匹目を記念して羽化したてのカブトムシを作りました
今後、羽化2時間経過、4時間経過と
どんどん種類が増えるかもしれません(笑)



そんなこんなで
3月31日から作り続けて来たカブトムシですが、
制作21匹目にてひとまず落ち着きました
まだまだ改善点やひび割れ問題などありますが
今後もぼちぼち楽しく制作し続けて行こうと思います
遊び
皿
私的には19匹目が一番上手に出来たと自己満足です



『カブトムシの制作記』を見て下さりありがとうございました!
最終形態
次は蛹を頑張ります!
目指せ!『カブトムシの一生』(笑)

スポンサーサイト

ガラス細工 | trackback(0) | comment(2) |


2018/04/11 (Wed) カブトムシの制作記 その③

前回に引き続き、カブトムシ制作のその後です
今回は脚もしっかり作りました

2018カブトムシ後半
2018カブトムシ後半3
2018カブトムシ後半2

では、今回もダイジェストに行ってみましょー(`口´)/



4月5日(木):制作12匹目
12-1.jpg
12-2.jpg12-3.jpg12-4.jpg
パッと見の通り体の中心がズレています



4月6日(金):制作13匹目
13-1.jpg
13-2.jpg13-3.jpg13-4.jpg
これが一番どっしりと仕上がり安定感のある作りでした
角がまっすぐ作れていたら良かったなぁと思います



4月7日(土):制作14匹目
14-1.jpg
14-2.jpg14-3.jpg14-4.jpg
ズレている上に何か変…
バランスってとても難しいです(><)



4月8日(日)制作15匹目
15-1.jpg
15-2.jpg15-3.jpg15-4.jpg
頭と体のバランスがやはり良くありませんが、
この中では脚が上手に作れたと思います



4月9日(月);制作16匹目
16-1.jpg
16-2.jpg16-3.jpg16-4.jpg
脚に動きを出してみようと思ったのですが…
ガチャガチャしているように見えます
背中(羽)が上手に作れません



4月9日(火):制作17匹目
17-1.jpg
17-2.jpg17-3.jpg17-4.jpg
やはり全て難しいです



せっかくなので撮影しました
2018カブトムシ遊び1
2018カブトムシ遊び2
2018カブトムシ遊び3
2018カブトムシ遊び4
2018カブトムシ遊び5

ちなみに初代はこちら↓
201800331練習1
やはり何度見ても酷過ぎる…
諦めないで作り続けるとそれなりに上達することを改めて実感しました



制作20匹目をひとまず目途に
今より上手になっているように頑張ろうと思います
私は今どこを目指しているのか分かりませんが、
今回このカブトムシの制作で
集中炎の火の当て方がとても勉強になりました
今後の作品に活かせたらいいなと思います

ガラス細工 | trackback(0) | comment(2) |


2018/04/05 (Thu) カブトムシ制作記 その②

前回からの続きです
20180405参考書 『バーナーで作る小さな妖精たち』松田尚子著 
20180405カブトムシモデル2 モデルのカブトムシ(カロラータ社)

上記を参考に3月31日~4月4日まで制作したのがこちらです↓



3月31日(土)
人生初めてのカブトムシの制作:拡散炎バーナー
201800331練習1
201800331練習2
201800331練習3
酷い…
酷過ぎる…
本を参考にすると後脚にY字ポンテを作るのですが、
これがどうしても出来ない…
赤ちゃんのハイハイのようになってしまいました…
2作目ですでに私の気力が失われています
とりあえず本を参考に一通り作る工程を覚えました



4月1日(日):拡散炎バーナー
制作2日目
201800401練習1
201800401練習2
昨日の反省点とともに再チャレンジ
少し良くなりました
でもまだまだです



4月2日(月):拡散炎バーナー
この日もやる気満々で挑みました
201800402練習1
201800402練習2
201800402練習3
201800402練習4
この日の1作目は時間が掛かり過ぎ、
また火の当て方が悪く後脚部分が最後の最後に吹っ飛びました
破損していますがこの日これが一番まともでした
やはりY字ポンテはどうしてもできません(T口T)
自分の出来ていないポイントが明確になってきました



4月3日(火):集中炎バーナー
今まで拡散炎バーナーで制作していたのですが、
この日ようやく集中炎バーナーに切り替えました
なぜなら、集中炎が慣れなかったから…
遅すぎる判断です…

そんなことは言ってられません

まず頭部分のみ練習しました
201800403練習1
カラスに食べられてしまった残骸のように見えますね…
どうやら頭部分だけではなく、角にも問題ありのようです

そこで角のみ練習しました
201800403練習2
あまり上達はしませんでしたが
何となくコツがわかって来たような気がします

集中炎での初めてのカブトムシ作り
201800403練習3
Y字ポンテはやめて後脚1本だけのポンテに切り替えました
何となくですがそれらしくなって来た感じがします
まだまだですが、少し希望を持ってもいいような気がしてきました



4月4日(水):集中炎バーナー
慣れなかった集中炎バーナーも少しずつ使い勝手が分かってきました
201800404練習1
201800404練習2

この日家族に褒めらたのが10番のこちら↓
201800404練習3
201800404練習4

初めて作ったこれ↓から比べると自分でも成長を感じます( ノД`)シクシク…
201800331練習1
何度見ても酷過ぎる…
一時はどうなるかと思いました
それよりも、
カブトムシを作ること自体難易度高すぎだったのかもしれません


とりあえず3月31日から4月4日まで5日間の
『カブトムシ制作記』です
上手に作れないかもしれませんが
その後も記載して行こうと思います
本当は何度か途中でやめようと思ったのですが、
こうして公開することで完成に近づけれるのでは…、
と自分を奮起させるためにブログにあげました

昆虫を制作していらっしゃる方に見られてしまうのは
正直非常に恥ずかしいのですが、
もし宜しければ一言助言して頂けるととても助かります!

完成しないかもしれません
でも出来るところまで引き続き頑張ろうと思います

ガラス細工 | trackback(0) | comment(4) |


2018/04/05 (Thu) カブトムシ制作記 その①

ようやく今日子どもの学校が始まりました
長かった…
そしてまた土日休日…(-口-;)


今年は、今までやったことのなかった分野に挑戦しよう!と
決めていました
今までのブローチ類は真鍮の先に小さなガラス細工を制作して
それをシャワー台(金具)で組んでいたのですが、
今度は金具を使わないでガラスだけで接着しようと
新しく集中炎バーナーを購入してみたり
ちょこちょこ練習していました


そんな矢先、子どもの春休み…


はっきり言って全く集中できません(-公-;)
でもだからと言って何もしないでいるのは勿体ない!

そこで!
『カブトムシ』を練習することにしました!ヽ(´∀`)ノ
これなら私も細工の練習が出来るし、
子どもも少しは興味を持って(大人しくして)くれるのではないか!


そんな気持ちで始めた『カブトムシ』作りですが、
なかなかの苦行を強いる羽目になるのでした…
もし宜しければ私の成長を一緒にお見守り下さい


では始めます!(`▽´*)/


今回制作するにあたり参考にしたのが
松田尚子さんの『バーナーでつくる小さな妖精たち(ほるぷ出版)』です
20180405参考書

また制作するにあたりカブトムシのモデルになってもらったのは
子どものおもちゃ、カロラータ社のカブトムシ
こちらです↓
20180405カブトムシモデル1
20180405カブトムシモデル2
もうすでに難しい…(-口-;)
むぅりぃい~


こちらは上記を参考に
3月31日から4月4日までに制作したカブトムシたち
20180405カブトムシ全体



長くなりそうなので次回に続きます

ガラス細工 | trackback(0) | comment(0) |


2018/04/05 (Thu) カブトムシの幼虫 その③④⑤⑥

先日制作していたカブトムシの幼虫ですが、
その後も色目や皺をよりリアルに近づけようと
色を練ったり、試行錯誤しているうちに5匹となりました(`▽´)/
カブト虫の幼虫③④⑤⑥-1
ピンクの番号は第2作目、第3作目…と言う意味です
残念なことに第1作目の幼虫は、
折れてしまった足の修理中に何度も落下させてしまい
修復不可能になったので
最終的にお尻部分のグレーの色ガラスへと再利用されました


前回、撮影中に倒れて足が折れてしまうと言う
悲しいアクシデントが起きたので
空き箱で幼虫の小箱を作りました(`▽´)/
カブト虫の幼虫③④⑤⑥-4
カブト虫の幼虫③④⑤⑥-5
快適そうです
良かった良かった(-∀-)

ガラス細工 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

小倉わかな

Author:小倉わかな
奈良在住
自宅にてガラス作品を制作しています
作品に関してのご質問等ございましたらコメント欄よりお気軽にご連絡下さい

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

委託先

このブログをリンクに追加する